SPACE FACTORY 2007
シリーズ4
『夢の浮橋』〜源氏物語より〜
巻の一「誇り高き女 ― 六条御息所 ―」version2
〜生霊と現身の間で〜
鉦の音に誘われ、つい浮かれ出た賀茂の祭見物の人ごみの中で、光源氏の正妻葵の上の輿と争い事を起こし、ひどく惨めな思いを味わった六条御息所は、やがて生霊となって己も知らぬ間に彷徨い出て、産褥の床にある葵の上を嫉妬の炎で取り殺してしまいます。

それに気づいた六条御息所は、己の業の深さに愕然とし、ついに光源氏との別れを決意します。そして、斎宮に命ぜられた娘とともに伊勢へ下ることにし、精進潔斎のため都を離れるのでした。
2004年に都内四谷"コア石響"で上演した巻の一「誇り高き女−六条御息所−」の改訂版を、横浜中山"なごみ邸"にて上演。
■会場 横浜 中山/なごみ邸
■公演 2007年11月17日(土)/18日(日)
15:45開場、16:00開演
■STAFF 池上 眞吾 [邦楽弦楽器]
木村 俊介 [津軽三味線・笛]
金山 典世 [パーカッション]
花柳 ゆかし [日本舞踊]
西田 幸雄 [ナビゲーター]
黒川 芳朱 [映像]
おかもと りよ [アートディレクター]
広瀬 友美 [DMデザイン]
act_1へ