SPACE FACTORY 2009
「開国博 Y150」ベイサイド市民協催

『アンデルセンと遊ぼう!』
■概要 幼い女の子ゲルダは、とても仲良しの男の子カイを、突然、雪の女王に連れ去られてしまいます。 ゲルダはカイを探して一人で旅に出ますが、さまざまな困難に遭遇します。 でも、どんな時も自分を信じ、滑らかで真っ直ぐな子どもの心で立ち向かい、とうとう北の果ての雪と氷の国からカイを連れて帰ることができるのです。
(『ガラスのかけら』−「雪の女王」より−)

明治の初め、開国とともに日本に伝えられたアンデルセン童話。 アンデルセンが何よりも大切にした”子どもの心”をメインテーマに、毎日、いろいろなワークショップやミニライブが開催され、やがて大きなパフォーマンスへと展開していきます。 小さなかけらがいくつも集まって、それが大きな夢へとふくらんでゆく、そんな楽しい仕掛けがいっぱいの、ファンタスティックな一週間です。

■会場 横浜 中区/赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
■公演 2009年8月10日(月)〜 16日(日)
■STAFF 池上 眞吾[邦楽絃楽器]
木村 俊介[津軽三味線・笛]
金山 典世[パーカッション]
寂空[津軽三味線]
花柳 ゆかし[舞踊]
水木 佑歌[舞踊]
雛  涼子[語り・朗読]
黒川 芳朱[映像]
森田 節子[ワイヤーアート]
毛利 えり子[折り紙]
広瀬 友美[デザイン]
廣原 菜月[衣装]
金曽 武彦[音響]
おかもと りよ[ライト&アートディレクター]

会場展示写真提供:森田拾史郎
■特設HP SPACE FACTORY 2009